2017年12月10日日曜日

歩いた17-1210(上野→浅草→日本橋)


今日12/10は9:00上野駅公園口にナオシ、トモシ、モリシが集合。ケイシが遅れて合流予定。


気温は5℃、風が無く気温の割には温かく感じます。いい青空です。
上野動物園は9:30開門かな。閑散としています。入場料は600円、安いですね。
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

東京都上野恩賜公園に紅葉が残っていました。http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jimusho/toubuk/ueno/index_top.html

不忍池の蓮は全部枯れていました。また来年ですね。
上野駅から東に向かい河童橋商店街に到着です。金の河童の像です。「河童川太郎」ですね。
http://www.kappabashi.or.jp/home/kawataro.html


道具展がずらりと並ぶ商店街に、たまに面白いものが店先に置いてあります。

浅草に到着。

スカイツリーが見えます。
浅草浅草寺に到着。ここでケイシと合流。
http://www.senso-ji.jp/

10:00前というのに観光客でいっぱい。外国人観光客、中でもアジア人がいっぱいです。仲見世は人が多すぎて通り抜けるのに苦労しました。空が青いですね。




浅草駅周辺で隅田川に出ました。


髪を結っている外国人女性を後ろから撮影。
スカイツリーの真下に来ました。真下だとかえって大きさが分からなくなります。
http://www.tokyo-skytree.jp/

親水公園を通り、また西に戻り、

刀剣博物館の辺りでまた隅田川に出ました。
https://www.touken.or.jp/museum/

両国国技館を経てまた隅田川を渡ります。
http://www.sumo.or.jp/Kokugikan/

隅田川を渡り、人形町でケイシが離脱。ケイシは相変わらず忙しいです。お疲れさまでした。今度、人形町を案内して下さい。

今日のランチは江戸橋、三越前の天松です。
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13020875/


入り口で天ぷら定食1080円の食券を買い、ビルの3階に通され、待つこと10分程度で席に着きました。
安いランチなのでそれなりですね。味はそこそこ、ご飯はお替り自由。天ぷらがもう少し熱々だったら良かったのですが。味噌汁はアオサに長芋が入っていました。
流れ作業的に客をこなしているのが、人気店だけに、ちょっと残念でした。
日本橋を経て東京駅で解散です。14.7km歩きました。お疲れ様です。来週末はイベントですので、歩き隊そのものはお休み。今年はあと何回歩けるでしょうか。
(文責モリシ)

2017年12月2日土曜日

歩いた17-1202(恵比寿→高田馬場成蔵→新宿)


今日12/2はちょっと早めの8:00に恵比寿駅に集合の予定でしたが、ちょっと遅れてミツシとモリシが集合。気温は6℃、だいぶ寒くなってきました。



晴天の下、まずは代々木公園を目指します。
代官山から松濤のあたりです。大きな家がありました。高級住宅地ですね。




渋谷のNHK放送センターから国立代々木公園を経て代々木公園です。



そしてまたまた明治神宮。外国人観光客が朝早くからたくさんいます。

願い事も外国語ですね。
代々木から一気に西早稲田の戸山公園まで。

戸山公園ではケヤキは葉っぱが落ちていましたが、ちょっとだけ紅葉が残っていました。

高田馬場にある今日のランチのお店成藏に到着。https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13114695/
11:00開店のとんかつ成藏に、ちょっと早めの10:25に到着したので、余裕で開店を待とうと思ったら、なんと38名の行列ができていました。

とりあえず最後尾に並びます。待つこと1時間45分、12:10やっと入店。
待っている間に霧降高原豚上ロースかつ定食1980円をオーダー済み。ちなみに入店時には後列も長蛇の列。最後尾の人は3時間ほど待つのではないでしょうか。

着席して10分ほどで配膳されました。
先ず塩で食べます。衣が軽く薄く、肉が柔らかく、脂身が甘いとても美味しい肉です。2年ぶりくらいでしょうか。
ソースで食べても美味しい。キャベツは水にさらしていないので味が濃いように感じます。トン汁も濃厚、漬物も小皿も美味しいです。

ご飯は1杯までお替り無料なので、お替りを頂きました。肉が厚いのと脂身が大きいので、後半ちょっと飽きます。かなり美味しいのですが、やっぱりちょっと飽きます。量が多すぎるからですね。
腹いっぱいになったので高田馬場から新宿まで歩きました。ここで解散です。14.4kmでした。お疲れさまでした。
(文責モリシ)